DAICHI ENDO

AD Strategy Division

遠藤 大地

INTERVIEW

Strategy × Communication

遠藤 大地 Daichi Endo

ADストラテジーディビジョン / 2016年度入社(中途採用)
埼玉県出身。前職では非鉄金属の卸売販売営業職に従事。アズアンドコー㈱入社後はメディアプランナーとして広告のプラニングと運用の担当。2018年7月よりマネージャーとなる。2019年1月よりADストラテジーディビジョンとして広告提案と運用を行う。

学生時代はどんな生活でしたか?

「授業受けて、サークルやって、土日バイトの生活でしたね。ぎゅうぎゅうに予定を詰め込んでいました。バイト掛け持ち、サークルも駆け落ち。一人でいるより、誰かといたいというのもありましたし、何より暇が嫌でした。自分は考えてから行動するよりも行動しならがら考えるタイプなんです。
あとは、趣味に没頭していましたね。バンドを見にライブハウスにいったりするのが好きだったんです。たくさん足を運びましたよ。

仕事は選びはどう考えて就職したんですか?

リーマンショックの影響がまだ残る時代での就職活動でした。新卒で入社を決めたのは、創業50年くらいの鉄金属の卸売の専門商社です。選んだ理由は、安定してるところで働きたいと考えていました。死ぬまで波のない生活を過ごしたい。先が見通せる中でゆっくりと自分の生活を築いていこうと思っていたんですよ。今では全然真逆の生活をしてるんですがね(笑)。当時は本気でそう思っていました。

営業としてメーカーの資材部や下町の工場を回っていました。自分は経済学部だったので、初めて聞く単語・専門用語ばかりで知らないことが毎日でしたが、それでも楽しく過ごせました。

しかしとある時、物凄い危機感を感じたんです。取引先の倒産が重なり、いつか会社が無くなった時にと考え、自分を振り返った時に今の自分に何が残るのかと考えたんです。そうすると何もないことに気づいてしまい、その瞬間に物凄く先が怖くなりました。もしかして、安定志向でいる方が逆に安定がないのではと感じたんです。自力をつけなければ生きていけない。
そう思って、転職を決めました。

遠藤 大地

そうだったんですね。危機感を背負いながら向かった転職という選択。転職先はどう選んですか?

まずは伸びている業界で働こうと思い考えました。そして自分自身に力をつけるため、様々な業務に関われることを軸に探しました。そうしてたどり着いたのがネット広告の世界です。
ネット広告はモノがない分、ゼロから考え、組み立てるので自分自信でやれる業務範囲が広いのが特長です。また様々な業界とも関わることができるし、今後ネットに関係する仕事には関わっておいた方がいいと思ったのと、単純に楽しそうだと思いました。

全く違う業界に飛び込むには勇気が必要だったのではないですか


数年後の自分に不安しかなかったので、まったく違う業界だったけれど、飛び込めました。自分は行動しならがら考えるタイプなので、まずはやってみようと。初めは本当に訳も分からず、聞く単語聞く単語が暗号のようでしたよ。けれど、危機感に煽られながらがむしゃらに働きました。幸いにも慣れないながらも業務はたくさんあったんです。みんな忙しくて教える暇すらないくらい仕事がたくさんあるんです。マニュアルもないもののあり、一緒に作ることもありましたね。そしてパートナー企業の方からも情報を収集したりと本当に一生懸命、経験しながら学ばせてもらいました。

ネット業界は情報があふれているし、変化が早い。1週間会社にいないだけでも情報がアップデートされ、新しい商材が出ていることもあるくらいの速さなんです。「なんて速さなんだろう。。。」と時に途方にくれる時もありましたが、落ち着く暇がないくらい、止まっているより動いていた方が心地がいいんです。

遠藤さんは、今どんな仕事をされているんですか?

今は運用のプランニングを担当させてもらっています。適性でいうと本当は自分みたいに行動しながら考えるタイプよりも、しっかり考えてあらかじめ対象者を想定し戦略的に進める方が向いている職種なのかもしれないなとふと思うことがあります。ゆっくり考えて、じっくり詰めていく方が良かったりもするけれど、考えて時間をかけてしまっても、業界の特性上、スピード感も大事だったりするんです。

バランスが本当に大切ですね。そしてスピード感を保って物事を進めるには、実はプランニングの内容・進め方だけでなく、関係各所の調整・社内調整も重要な仕事となります。

そうなんですね。業務幅も広く関わる人が多いとなると多忙なのでは?

そんなことはないですよ。仕事の波は常にありますが、特にクライアントの稼ぎ時、長期休み前は自分たちも共に忙しくなりますね。広告を作ったり、特別な配信面を作ったりして対応します。忙しくはなりますが、共に作り上げてる感覚が高まり自分にとっては好きな瞬間です。

遠藤 大地

メタップスワンとしてどういう働き方をしていきたいですか?

メタップスワンは3社が合流してできた新設の会社です。それぞれの良さやクライアントが重なり合い出会うことで、新たなシナジーが生まれることが期待できますし、提供できる価値も広がります。何より自分自身は業務やクライアントの幅が広がるのがとても楽しみでいます。

クライアントや業界が異なると広告運用の考え方や視点も変わると思うので、自分の視野が広げられるのではと楽しみです。業務が増える不安よりも今は楽しみでしかないですね。変化に失う物はありませんから。

どんな人と一緒に働きたいですか?

やっぱり変化を楽しめる人がいいですね。業界そのものもですが、会社自体も変化が激しいと感じています。組織や扱う商品も常にアップデートして変化・進化していくので、自分の役割も変わっていく可能性が常にあります。

だからこそ、どんな面でも自分がやりたいことが見つけられる人は活躍できると思います。基本、トライアンドエラーを繰り返せる環境なので、新たにクライアントに持って行ってみようとか、エリアを広げてみようとか、主体的に物事を進めようと動ける人は受け入れられる環境です。

遠藤さんは今後どうしていきたいですか?

マネジメントが自分自身の直近の課題ですね。変化の激しい業界なのでプレイヤーの気持ちを残しながらもマネジメントもしっかり学んでいきたいと思っています。プレイングマネジャーになれたらいいなと。現場から離れずメンバーとそしてクライアント共に戦っていきたいって思っています。

遠藤 大地

INTERVIEW社員インタビュー

  • チャミカ・マナカラ

     

    INTERVIEW

    Passionate × Technology

    チャミカ・マナカラ | 2013年入社

     

  • 山岡 京太郎

     

    INTERVIEW

    Vision × Science

    山岡 京太郎 | 2017年入社

     

  • 長谷川・トビアス

     

    INTERVIEW

    Challenge × Freedom

    長谷川・トビアス | 2014年入社

     

  • 池田 由貴

     

    INTERVIEW

    Challenge × Smile

    池田 由貴 | 2015年入社

     

  • 川村 佳太郎

     

    INTERVIEW

    Value × Engagement

    川村 佳太郎 | 2018年入社

     

  • 遠藤 大地

     

    INTERVIEW

    Strategy × Communication

    遠藤 大地 | 2016年入社